コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

純文学、からの 桐野夏生「残虐記」

こんばんは。ブログを始めた勢いで、4日連続書いた後、ちょっとお休みしちゃいました。
本日は、宣言どおり、桐野夏生先生の本をご紹介。

本当に大好きな作家さんで、作品は刊行されているものはほとんど読んでおります。私のプロフィールにある「ハードカバーを買うのに抵抗がなくなった」原因はこのお方かもしれません。

写真 2015-04-20 20 27 56

このお方の作品は、芳醇な「人間の醜さ」と熟成された「エロス」、そしてコク深い「生命力」が巧みに表現され、唯一無二な独創性に溢れています。

皆さまが認識しているこのお方の傑作長編に「OUT」「グロテスク」「柔らかな頬」など様々なものがありますが、あえてこの作品を紹介するのは、前回で書いた「純文学」な感じが否めない作品だからです。
この表題、谷崎潤一郎の未完の小説と同題とのこと。

文庫の背表紙をお借りすると、以下のような内容です。
「自分は少女誘拐監禁事件の被害者だったという驚くべき手記を残して作家が消えた。」
「性と暴力の気配が満ちる密室で少女が夜毎に育てた夢と男の欲望とが交錯する。」

これだけ読むと、なんだかいろいろ悲惨な状況を想像されると思います。しかし、そこはこのお方、一筋縄ではいきません。監禁生活の記述は中盤で終了し、その後は少女(大人になりますが)を取り巻く「周囲」と、少女の発芽した「想像力」が紡ぐ異様な世界、そして少女と男の「関係性」をまざまざと見せ付けられます。
現実なのかはたまた虚構なのか錯覚してしまう「グロテスク」な世界にただただ飲み込まれてしまいます。そしてなぜ作家となった元「少女」は失踪したのでしょう。

・・・気になるでしょ??是非ご一読を!

いやー、読書ってよいですね!!
ではでは。お付き合いいただきありがとうございました。



↓ランキングに参加しています! 是非クリックをば。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

race car

Author:race car
1ヶ月に5冊から7冊程度主に小説を読みます。お小遣制の生活の中、気づいたらハードカバーを購入することにも抵抗がなくなってきて散財することもしばしば。古本屋も上手く活用しておうちの本棚に本が増えることに一人酔いしれています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。